« STM32 ADCの設定 | トップページ | NMEA-0183メッセージの解析 »

STM32 Primer2 V1.2

初期のPrimer2は、電源On時に発生する電源電圧の瞬間的な変動でボルテージレギュレーターが(U9, U17)が破損する問題を抱えており私も憂き目に会いました。レギュレーターを交換してだましまだし使っていたのですが、対策を施したV1.2を買ってしまいました(秋月さんで購入)。

基板にV1.2のシルク印刷が入っています。

STM32_Primer2_V12

変更点

stm32circle.comに記載された対策が入っています。

対策1:レギュレーターU9(2.84V主電源用)の入力側に入っているC23を積層セラコンに置換し、その上に過電圧保護用のトランシル(SM2T3V3A)を乗っけています。

V12_C23

対策2:レギュレーターU17(3.18Vバックライト用)の入力側に入っているC56を積層セラコンに置換しています。

V12_C56

対策は十分か

stm32circle.comには、この対策で十分かはまだ判断できない(but it is too early to know if this will offer complete protection for the regulators.)と、弱気なことが書いてあったりします(外部電源の抜き差しをするような箇所は、本来もっと耐圧の高い部品を使うべきなんでしょうか)。

安全のためにUSBケーブルの挿抜は電源を落とした状態でやらねば。

« STM32 ADCの設定 | トップページ | NMEA-0183メッセージの解析 »

STM32-ARM」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~、SatE-O(サテヲ)です。
この度はコメントを頂きましてありがとうございました!
電源周りに不満を持っている方は実際多くいそうですが、このせいで盛り上がりに欠けてしまうのでしょうかね。。。
新たなv1.2Primer2が亡くならないことを祈っております~
これからも記事読ませて頂きますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m

SatE-Oさん、コメントありがとうございます。

> 電源周りに不満を持っている方は実際多くいそうですが、このせいで盛り上がりに欠けてしまうのでしょうかね。。。

そうですね、プロトタイピング用と言う限り、誤ってショートさせた場合も含めて電源回りのマージンはもっと欲しいですよね。
後、STM32を使いこなすのはハードルが高い点もあるかも知れませんね。私的にはこの複雑なヤツをあえて使いたいとうオタク心(探究心?)をくすぐられているのですが、まだまだ使いこなせません、、

この記事へのコメントは終了しました。

« STM32 ADCの設定 | トップページ | NMEA-0183メッセージの解析 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ