« ココログブログの見栄え向上 | トップページ | STM32 Primer2 レギュレーター死亡(その後) »

STM32 Primer2 U17レギュレーター死亡

あちこちでこの問題が起きていますが、ついにやってしまいました、私も、、、

FreeRTOSのPrimer2用デモ版を入れてLEDチカチカを確認した後、CircleOSに戻してリセットしてもLCDが真っ暗のままで、CircleOS起動時のサウンドも出ないのです。症状としては以下の通りで、Known IssueのU9 & U17 Voltage Regulator Failureそのものです。

  • FreeRTOS demoやCirlceOSを使用しないLEDチカチカプログラムは動作するため、U9の出力は生きています。拡張コネクタのPin-1(VCC2V8)にも2.8Vが出ていますし、U9の発熱もありません
  • 問題のU17は、出力電圧が0Vです(C54の両端で測定)
  • 中央ボタンを押し続けるとVCC2V8が0Vに落ちるため、CircleOSのshutdown機能は動いているようです。ただ、一定時間放置した際の自動shutdownは働いてくれず、CircleOSも完全に起動しているかが怪しい感じ
  • U9のグランド強化対策は実施済みのロットでした

U17が死んだのはほぼ間違いがないのですが、CircleOSが立ち上がっているかを確認してみようと(ひょっとしてFlashROMの書き込みが不完全ということはないか)、自殺行為覚悟でU17の出力に手持ちの3.3V電源をつないでみました。すると、LCDが点灯して、例のメニュー画面がしっかりと表示されています。

出力がショートしている可能性もあるため(何か焦げ臭い臭いもしましたし)、すぐに3.3V電源を切り離すとLCDバックライトがチカチカしながら・かつ薄暗い状態で点灯しています。U17の出力が復活(!)したのですが、内部的にはダメージを受けたようで、U17レギュレーターがかなり発熱しています。

こうなると、ねむさいんのブログにあるように、U17の置換を行わないとダメそうです。あと、出力側のコンデンサC56, C23も積層セラミックコンデンサに交換ですね、、

U17はなんとか引っぺがしました。VCC3V1に3.3Vをつないでやると、LCD表示やサウンド再生もOKです。バックライトとサウンドICの電源は3.3Vでもよさそうなので、3.3VのLDOをうまく乗っけられるかに挑戦です。

« ココログブログの見栄え向上 | トップページ | STM32 Primer2 レギュレーター死亡(その後) »

STM32-ARM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ